トイレリフォームのタイミングってどんなとき?

トイレリフォームのタイミングってどんなとき? リフォームしたい場所の上位を占めるのはほぼ水まわりですが、その中でもトイレは特にリフォームしたい場所として人気です。汚れや臭いが最も気になる場所であることが大きな理由ですが、その分リフォーム後の満足度が高いです。メリットとしてはお手入れのしやすさや省エネ対策、そして何より快適さの向上が挙げられます。いずれはリフォームしたほうがいいのはわかっているものの、いつどのようなときにリフォームすればいいかを迷っている人は、いくつかの例を紹介しますので参考にしてみてください。いずれにしても大切なのは、どんなトイレを目指したいかです。トイレリフォームに限ったことではありませんが、家族全員が心から満足できるよう完成形を話し合う必要があります。

■大規模な修繕が必要な故障

詰まりや水漏れなどトイレになんらかの不具合が生じたら、リフォームについて考える丁度いい機会です。床が水浸しになってしまったなどの深刻な事態では、有無を言わさず工事するしかありませんのでそのままリフォームに移行してしまうのが手っ取り早いです。しかし、心の準備ができていない状態では勢いだけのやっつけ仕事になってしまい、終わってから後悔するおそれがあります。そのため、簡単な修理で済みそうなときに、もしもそれまで使っていて不満があったのなら思いきってリフォームしてしまうのも一つの方法です。もちろんそのためには、普段からどのような点を改善したいのかをチェックしておいて、来たるべきリフォームのチャンスに備えていることが大前提となります。

■経年劣化による寿命
不測の事態が発生してから慌てて考えるのでは遅いので、特に大きなトラブルがなくても寿命が近づいてきたらトイレリフォームを検討するのがタイミングとしては望ましいです。設置から時間が経っていればいるほど古い便器には目に見えている以上に汚れが付着していますし、劣化が進んだ配管やパッキンがいつ大きな故障を招くかわかりません。それに、新しいものに取り替えると節水効果や汚れにくい工夫などがあって経済的でもあります。前もって計画を立てておけば自分の持っているイメージを明確にする時間が取れますし、少し奮発して高性能のものを選ぶための貯蓄も可能です。何年後にリフォームをするのか具体的に目標設定をして、そのときを迎えるための万全な準備をしておきましょう。

■ライフスタイルの変化

子どもの誕生や家族の高齢化というように、家庭内のライフスタイルは年を重ねるごとに少しずつ変化していきます。特に年配者のいる家庭では、介護の二文字がだんだんとちらつくようになっていきます。お年寄りの尊厳を守るために、トイレはできるだけ自力でさせてあげたいものです。あるいは生活に余裕ができてきたのでカフェのようなオシャレなトイレリフォームを施したいというように、デザイン性を重視するのも楽しみのひとつです。最新型のタンクレストイレにして個室内を広く取って開放感を持たせると、トイレが日々の生活に充足感を与えてくれるようになります。使いやすさや見た目の美しさなど、それぞれのトイレに対するこだわりをリフォームで表現してみてはいかがでしょうか?

■まとめ
新品のトイレを使うのは実に気分の良いものですし、家全体が晴れやかになるような印象を与えます。臭くて汚い場所という認識は、現代のトイレにはもはや当てはまりません。トイレリフォーム業者では、さまざまなニーズに応えるべく多種多様なサービスを提案しています。リフォームの構想を練るだけでもワクワクする楽しい作業ですので、自分の家にふさわしいトイレをいつか実現できるように、リフォームに関するいろいろな情報を集めてみましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

コンテンツ

最新ニュース